整形外科をお探しの方は名古屋市名東区のわたなべ整形外科運動器クリニックへ

診療時間
9:00 - 12:30 - -
16:00 - 19:00 - - -
052-704-4711

名古屋市名東区亀の井1丁目214-2

院長紹介

ご挨拶

院長 渡邊 裕規Hiroki Watanabe

このたび、2018年4月名東区亀の井にて、わたなべ整形外科運動器クリニックを開設いたしました。
この長寿社会において運動器の健康と維持は、大変重要となっています。すこしでもご高齢の方が自分の脚であるき、行動し、生きがいを持てる人生にしていただきたい。健康寿命を延ばすことが我々の使命です。
また若者から年配の方まで生涯スポーツを行う中、怪我の予防から、保存治療、外科治療、復帰までのトータルにサポートすること目指します。
これまで外傷や関節外科を中心に、外科医として失われた機能の回復と疼痛の除去を最大の目標として診療にあたってきました。今後も手術を必要とされる方には、関連する施設において対応してまいります。
運動器の健康維持のパートナーとして、皆様に信頼されるクリニックをスタッフ共々目指していきたいと考えております。

プロフィール
1999年
富山大学医学部卒業 富山大学附属病院整形外科 研修医
2000年
富山労災病院 整形外科 医員
2002年
長野県厚生連 長野松代総合病院 整形外科 医員
2003年
愛知医科大学 分子医科学研究所 研究員
2007年
富山大学大学院医学系研究科修了(医学博士) 
2009年
黒部市民病院 整形外科 医員
2010年
富山労災病院 整形外科 副部長
2012年
はちや整形外科病院 医局長、
関節スポーツ部門担当および人工関節チーフドクター
2014年
North Sydney Orthopaedic and Sports Medicine Centre (フェロー6ヵ月間)
2018年
名古屋市名東区にてわたなべ整形外科運動器クリニック開院
学位、資格
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会認定
    整形外科専門医 リウマチ医
  • 日本リハビリテーション医学会
    認定臨床医
  • 日本体育協会 スポーツドクター
所属学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本人工関節学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本股関節学会
  • 日本リウマチ学会
  • 東海関節外科研究会 世話人
受賞歴
  • 富山大学整形外科学教室同門会賞(2010)
  • ICJR(International Congress for Joint Reconstruction) Pan Pacific
    Asian/ Australian Research Award (2014)
  • 第42回日本股関節学会学術集会 最優秀ポスター賞(2015)
発表英語論文(筆頭著者のみ)
  1. Watanabe H, Ohmori K, Kanamori M, Araki N, Yoshikawa H, Kimura T. : A myxoid liposarcoma in the lower leg, with a large intra-abdominal metastasis. J Orthop Sci. 6: 95-97, 2001.
  2. Watanabe H, Akizuki S, Takizawa T.: Survival analysis of a cementless, cruciate-retaining total knee arthroplasty. J Bone Joint Surg., 86-B: 824-829, 2004.
  3. Watanabe H, Shionyu M, Kimura T, Kimata K, Watanabe H.: Splicing factor 3b subunit 4 binds BMPR-IA and inhibits osteochondral cell differentiation. J Biol Chem. 282, 20728-20738, 2007.
  4. Watanabe H, Osada R, Zukawa M, Kimura T: Isolated slipping dislocation in the ulnar direction of the fifth carpometacarpal joint – The utility of computed tomography. Injury Extra. 39; 376- 379; 2008.
  5. Watanabe H, Gejo R, Matsuda Y, Tatsumi I, Hirakawa K, Kimura T.: Femoral anterior tangent line of the osteoarthritic knee for determining rotational alignment of the femoral component in total knee arthroplasty. J Arthroplasty 26, 268-273, 2011.
  6. Watanabe H, Gejo R, Tokunaga A, Hirano N, Kimura T.: Intraoperative Measurements of Femoral Anterior Tangent (FAT) Line for Determining the Rotational Alignment of Femoral Component of Total Knee Arthroplasty. J Arthroplasty. 28, 1757-1759, 2013.
  7. Watanabe H, Imada K, Kazumi Y, Yoshizumi Y.: Mycobacterium wolinskyi infection after Total Knee Arthroplasty. Journal of Tokai Joint. 6, 111-115, 2014.
  8. Watanabe H, Hachiya Y, Muramatsu K, Taniguchi S.: Risk factors of high serum ion level after metal-on-metal total hip arthroplasty. Journal of Tokai Joint. 7, 83-92, 2015.
  • 手術について
  • リハビリについて
  • スポーツ整形外科

MEDICALお悩み別・診療メニュー

採用情報
名古屋市千種区にあるはちや整形外科病院
愛知県東海市にあるおおすが整形外科
わたなべ整形外科のフェイスブックページ